看護師 辞めたい

面倒な人に振り回されたくない看護師の為の心理学ブログ

看護師が、転職せずに今の職場(病院)に残ろうと考える3大理由

看護師の6割が現在の勤務先で働き続けたい

就業継続の予定について聞いたあるアンケート調査では、「現在の施設で看護職員として働き続けたい」が64.0%で最も多く、次いで「他施設で看護職員として働きたい」が17.2%となっています。「看護職員以外として働きたい」は 3.4%、「仕事はしない」は1.4%となっています。

6割の人が勤続を希望していて、2割くらいが転職を検討しているようです。

看護師を辞めたいと考えている人は、0.5割くらいとなっています。

続きを読む

看護師が一般職に転職するなら「第二新卒エージェントneo」がおすすめ

【第二新卒エージェントneo】の特徴

総合人材サービスなので、看護師が「看護師の仕事以外の正社員職」を探す場合におすすめの転職サイトです。

 

総合職系の転職サイトは、キャリアップ系のものが多く、新たな道を進もうする転職に対しては積極的なサポートを行なってくれません。

 

もし、看護師が、「一般職・総合職に転職したい!」と考えた時に、キャリアップ系の転職サイトでは対象から外れてしまうわけです。

 

こんな人におすすめ

  • 看護師になったものの、看護師の仕事が向いていないと悩んでいる。
  • 「私に合っている仕事って何だろう」と、まだ、適職を出会えていない。
  • 看護師に限らず、他の仕事もみてみたい。

 

一般職としての自分の市場価値がわからない看護師にとっては、すぐに企業に単身で乗り込むより、キャリアカウンセラーの力を多いに使うべきです。

プロのキャリアカウンセラーが、市場状況も含めて説明してくれるので、これからの情報収集にも役立ちます。

 

さらに、営業担当が企業に直接推薦してくれるので、履歴書では伝わりにくい、「看護師から一般職を目指すあなたを上手にアピールしてくれます。

 

「なんで看護師辞めたの?」なんて聞かれて、ついついネガティブな理由を出してしまうと、マイナスポイントになりますが、

ここは、プロのカウンセラーが、あなたのストロングポイントとして上手に企業側に伝えくれます。

 

完全無料で、面談も、人材紹介もしてくれる

正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方であれば、完全無料で利用する事ができます。

経験不問で高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人、未経験職への転職希望者、公務員試験からの民間企業就職への切り替え、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)など幅広い経歴の方達をサポートしてくれます。

続きを読む

看護師5年目で辞めました。他の仕事を転々...地獄のようなリアルなお話

看護師は精神的に辛い部分も多い仕事ですが、手に職を持ち、安定して高い収入が得られるという点で非常にメリットの大きい職業です。

女性の平均年収では、常に同年代の女性年収よりも高い額ですし、社会的信頼度も高い仕事です。

 

でも、実際には「看護師を辞めたい」と考える看護師で溢れかえっています。

実に7割以上の人が看護師を辞めたいと思いながら続けているというアンケート調査もあります。

 

看護師が辛い仕事であるのは事実

私は、看護師を辞めたがる若手看護師さんたちに対して、先輩の立場から、仕事の大変さよりも、看護師という仕事の魅力に目を向けるように話しています。

 

どんな仕事でも、大変な事、辛い事、理不尽な事でいっぱいです。

 

それでも、この仕事で良かったと思える達成感や満足感が得られるのであれば、看護師のネガティブな面ばかりに目を向けない方が良いと思っています。

 

経験をつむと、若手の頃に辛い思いしていたのも、遠い過去のように感じます。

若手〜5年目くらいの期間を乗り切れば、今度は若手看護師を見た時には、私はそんなに苦しんでいたのかなーみたいな感じますよ。

 

愚痴を言いながらも頑張れるなら続けた方が良いという話

ここでは、看護師の仕事の魅力になかなか気づけずに5年で辞めてしまい、別の仕事に転職したものの、新しい仕事がなかなか上手くいかずに、職を転々として、最終的には地獄のような人生を歩んでしまった人の話を紹介します。

 

個人を特定できないように、細かい部分については一部省略している部分もありますが、内容そのもに変更は加えていません。

看護師を辞めるべきか、続けるべきかで悩む看護師5年目前後の皆さんへのアドバイスになると嬉しいです。

続きを読む

おすすめ書籍【『35才限界説』なんて関係ない! 30代40代のための転職完璧ガイド】

単行本: 251ページ (Kindle版有り)

出版社:秀和システム (2014/11/5)

中谷充宏 (著)

著者の1万人を超える転職支援の経験から、30代40代が確実に転職するための実用的なノウハウのみに絞り込んで解説してくれています。記載内容は、ネットで調べると出てくる基本的な事から著者の経験が盛り込まれたものまで。①転職活動準備、②求人情報の探し方ノウハウ、③採用される履歴書や職務経歴書の書き方、④面接事例集などを中心に解説しています。35才を超えると転職は難しくなると言われていますが、しっかりと中堅社会人のメリット・デメリットを理解すれば転職は上手くいくはずです。

 

続きを読む

看護師の平均勤続年数について。3年以内に辞めるのはまずい?

f:id:physicalT:20170930174841j:plain

看護師の平均金属年数は「6年」となっています。

地域別で多少の違いはありますが、長く見積もっても8年程度と考えられます。

 

一つの病院で、定年まで働いている人は少なく、離職率が比較的高い仕事だと言えます。

年収・給料は決して低くなく、有資格者職特有の転職に伴う年収低下もあまりありません。

むしろ、上手に転職活動を進めれば、転職によって年収アップが見込めます。

続きを読む

日本人女性の平均年収を知っても、それでも看護師辞めたいと思いますか?

ある、転職事業を行う民間企業によるアンケート調査では、2016年の女性の平均年収は359万円となっています。この額は、前年(2015年調査)と同じ年収となっていました。(※母数は25万人以上)

2015年の民間給与実態統計調査調べでは、221万円~354万円となっていて、調査機関により多少のズレがある事にお気づきでしょうか。

 

続きを読む

身も心もボロボロ、看護師が仕事を辞める理由(退職理由)

看護師は、身も心もボロボロ

過酷な職場環境に耐えられなくなって退職する看護師は多く存在するが、実際の退職の理由にはどんなものがあるかご存知でしょうか?

公益社団法人日本看護協会中央ナースセンターのアンケート調査により以下の結果となりました。

  1. 妊娠・出産:24.2%
  2. 肉体的不調:18.3%
  3. 精神的不調:13.3%
  4. 子育て:10.3%
  5. 残業が多い:9.6%
  6. その他:24.3%
続きを読む

おすすめ書籍【「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ) 】

単行本(ソフトカバー): 160ページ

出版社: あさ出版; 四六判版 (2017/4/10)

汐街コナ (著), ゆうきゆう (監修)

マンガで分かる診療内科シリーズも執筆している精神科医・ゆうきゆうさんが監修・執筆した悩める人向けの書籍です。

続きを読む