看護師 辞めたい

面倒な人に振り回されたくない看護師の為の心理学ブログ

給料が低いのが不満?残念ですが、転職しても看護師の年収はアップしませんよ。

sponsor link

現在の職場に、何か不満があって、転職したいと思いますか?

この質問に「はい!」と返答した看護師に対して、もう一つ質問です。

 

それは給料・年収などの収入に関する不満ですか?

 

もし、給料に不満があって転職を検討しているなら、一歩立ち止まりましょう。

悲しい事実ですが、

転職で年収をあげるのは、かなり難しいです。

 

転職で年収がアップする看護師は、転職者の20%くらいです。もちろん、この数字は、給料を上げたい!という理由以外で転職した看護師も多く含まれる点に注意は必要ですが、「転職=年収アップの近道」と考えている人は、この転職事情をよく理解しておくべきです。

 

「どうせなら年収が高い方が良い」

これって、みんなが考える事ですよね。

転職する際に、「給料は低くて結構です。」なんて事は誰も言いませんよね。

できるなら、今よりも高い給料が欲しいはずです。

もし、労働条件をゆるくしても、年収は維持したいって思うのではないでしょうか?

 

それなのに、統計データでは、年収ダウンした人は5割りを超えています。

この事実を理解せずに、

「今の給料・年収をアップさせたいから転職を検討している!」

という人は、現実を理解できていない可能性があります。

 

「転職」は年収をあげる以外の目的を考えて!

転職したいと考えている看護師の方に、ふたたび質問させて頂きますが、転職したい理由には、収入面以外の理由がありますか?

それは、仮に年収が落ちたとしても、求めるものですか?

 

この質問に、明確に答えられない人や、収入面以外で転職理由が見つからない人は、焦って「転職」するのは気をつけましょう。

比較的、質の良い求人が多いと言われる転職サイトなら、ハローワーク求人よりも好条件の可能性はありますが、それでも年収アップを確約してくれるわけではありません。

 

給料は、基本的にみんな不満。それは看護師も一緒。

辛い仕事、忙しい仕事をしているなら、給料に不満を抱えるのは当たり前です。

看護師に限らず、どの仕事でも、給料に大大満足の人はいません。

誰もが、もっと給料が上がればな、、、と思っています。少し昇給したとしても、もっと上がってほしいと思います。

雇用主は、労働者全員のその要望に答える事ができない事くらいは理解していますよね?

そんな事したら、給料を上げるどころか、病院や会社じたいが潰れてしまいます。なので、そんな天国な職場は存在しない事を理解しましょう。

みんな、給料に不満を持ちながら今の仕事を頑張っています。収入面だけを理由に転職を考えているなら、一度立ち止まりましょう。

 

で、どんな人が年収アップしたの?

年収アップした人のパターンは二つです。

主任や師長クラスの人が、引き抜かれて転職する場合がまず一つ目。この場合は、もっと良い条件でオフォーをかけないと引き抜けるわけはないので、確実に好条件で転職できます。

でも、これって一握りの看護師にしか当てはまりません。

 

もう一つのパターンは、平均年収を下回っている看護師

平均年収を下回っている看護師の場合は、転職によって、平均年収に近づける事により収入アップが期待できます。

すでに、見合った給料をもらっている人が、転職で年収アップするってかなり難しいので、今の自分の状況に左右されるという事です。

つまり、「他よりも高い給料が欲しい!」なんて高望みはできません。

 

あと、労働条件をゆるくして、収入を上げようというのも無理です。

例えば、休日出勤NG、夜勤NG、そんなんで、休日出勤&夜勤バリバリの看護師と同じくらい給料貰おうなんてムシが良すぎですよね。

あなただけ、給料を上げる事はできないので、仮にに職員全員に適応したとします。はい、その病院は潰れます。

 

あくまでも、見合った給料をもらえていない人が、見合った給料まで引き上げる程度の年収アップと考えておくべきです。

 

なんで転職すると年収はダウンするの?

転職すると年収はダウンするというのは、ここまでなんども言ってきたので、これが転職業界の定説という事は理解できたのでしょうか?

それでは、なぜ年収がダウンしてしまうのでしょうか?

 

仮に現在の職場と同条件で転職できても年収はダウンします。

それは、転職初年度は、賞与がなかったり、勤続一年目は手当が一部カットされたり、試用期間などでいくつかの給与カットが出るためです。

なので、転職初年度の年収は一時的にダウンします。

 

なので、転職の際に気をつけるべき事は、「一時的なダウン」に留める事です。できれば、2年の年収が、現状になるように交渉する事も必要になるかもしれません。

 

「一時的なダウンは受け入れるので、2年目には現状より改善させてほしい。できる事なら現状よりも若干でも良いのでアップさせて欲しい。」

これをうまく伝えて、転職に伴う年収ダウンを最小限に留める事が賢い転職テクニックです。

 

転職サイトが強いと言った理由

ハローワーク求人より、転職サイトの方が年収アップできる可能性が高いと言ったのは、担当者が代理交渉を行ってくれるからです。

求人応募の際に自分で給料面の交渉をできる人ってなかなかいませんよね。

代理交渉であれば担当者に、先ほどの事を伝える事で、雇用主に上手に伝えてくれます。もちろん、「言えば、その通りになる。」という意味ではないですが、一般募集条件より、多少考慮してくれる可能性は多いにあります。

なので、せっかく転職サイトを利用するなら、この代理交渉に強い転職サイトを選びましょう。

新しい若手の会社より、大手で老舗の転職サイトの方が、雇用主側との代理交渉に長けています。

その業界に精通してノウハウを持っていますからね。

なので、この記事を読んで、給料面について少しでも不安を感じたなら、マイナビなどの大手・優良転職サイトを選ぶと良いと思います。