看護師 辞めたい

面倒な人に振り回されたくない看護師の為の心理学ブログ

日本人女性の平均年収を知っても、それでも看護師辞めたいと思いますか?

sponsor link

ある、転職事業を行う民間企業によるアンケート調査では、2016年の女性の平均年収は359万円となっています。この額は、前年(2015年調査)と同じ年収となっていました。(※母数は25万人以上)

2015年の民間給与実態統計調査調べでは、221万円~354万円となっていて、調査機関により多少のズレがある事にお気づきでしょうか。

 

看護師の平均年収と、日本人女性の平均年収比較

以下は、前者のデータの年度別の女性の平均年収です。

日本人女性の年度別平均年収
  • 2010年:368万円
  • 2011年:364万円
  • 2012年:351万円
  • 2013年:357万円
  • 2014年:354万円
  • 2015年:359万円
  • 2016年:359万円

 

後者のデータでは、下限が221万円となっているので、大きな開きがあるのが分かると思います。

この理由としては、調査機関が誰を対象に調査しているかが変わるためです。

 

前者の調査データを公開している民間企業は、転職事業を行なっている大手企業であり、自社のサービスを実際に利用した人を対象に調査を行なっています。

つまり、女性かつ、

  • 働き盛りの年代で
  • キャリアップを考えている

という条件が揃っている人が、多分に含まれている事が予想されます。

パート・派遣社員として働いている人よりも、

「正社員として働いている人」かつ、

「転職を考えている人」が多数を占める事になるので、実際の女性の平均年収よりもかなり高く出ている事に注意が必要です。

 

では、年齢別で女性の平均年収がどうなっているのかを、国の調査から見ていきましょう。

  男性 女性 全体
20代前半 271万円 233万円 253万円
20代後半 383万円 306万円 352万円
30代前半 451万円 307万円 397万円
30代後半 410万円 299万円 432万円
40代前半 567万円 294万円 461万円
40代後半 626万円 292万円 486万円
50代前半 670万円 296万円 509万円
50代後半 652万円 278万円 491万円

冒頭で紹介した女性の平均年種と比較すると各年代で大きく下回っているのがお分かりでしょうか?

さきほどのデータでは、女性の平均年収は359万円となっていましたが、働き盛りの20代後半〜30代前半でも、やっと300万円に達する程度です。

 

また、男性とも150万円ほどの開きがあります。

(※ ライフイベントなどによって、女性の場合は、男性とは違い、仕事に制限があるのも事実なので一概に比較はできませんが、、、)

 

この二つのデータを見てみる大きな開きがありますが、「どちらの年収が正しいか」は、その人の置かれた状況によって変わると考えた方が良いです。

 

例えば、まだ結婚していなくて、バリバリ仕事をしている30代でさらなる年収アップを考えている女性なら、冒頭で挙げた「年収359万円」を超える事を一つの目標に置くと良いと思います。

家庭を持っていて、ライフワークバランスを保つ必要がある人は、国の統計調査を基準に考えるべきです。

 

では看護師の平均年収はどうなっているのか?

以下の表は、国の調査によって算出された看護師の年代別の平均年収です。

年齢 年収
20~24歳 272.5万円
25~29歳 339.4万円
30~34歳 372.8万円
35~39歳 425.4万円
40~44歳 478.0万円
45~49歳 535.4万円
50~54歳 573.6万円
55~59歳 568.8万円
60~65歳 387.2万円

 

看護師になりたての20代前半では、年収は200万円代ですが、20代後半では、働く日本人女性の平均年収に近づき、それ以降も順当に年収アップとなって、30代では女性の平均年収を超えています。

20代前半の除けば、300万円を切る事もなく、さらに各年代で日本人女性の平均年収を上回ります。

つまり、看護師の仕事は年収・給料面では、明らかな「勝ち組」です。

 

さらに、医師を除く、医療職の中でもトップクラスの平均年収となっています。実は、理学療法士や作業療法士といったリハビリセラピストよりもはかるかに良い給料をもらっていることをご存知だったでしょうか。

以下の表は、リハビリセラピストである理学療法士の平均年収です。

リハビリセラピストの特徴として、昇給がほとんどありません。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士という資格間での平均年収に大きな開きはなく、男女間の開きもないのが特徴です。

平均年齢 平均年収 平均月給 平均年間ボーナス
31.3歳 約390万円 約27万円 約61万円

 

平均年齢が31.3歳なので、看護師の30第前半の年収と比較してみると、372.8万円であり、やや看護師が低いように見えてしまいますが、35歳をすぎると、看護師の年収が上回ります。

リハビリセラピストは昇給が見込めないので、若手療法士時代は他職種よりも一見多くもらえているように見えますが、すぐに他職種に追い抜かれていきます。

看護師の仕事を続ける事は大変ではありますが、年収面から考えると続けるメリットは非常に大きいと言えます。

 

看護師の仕事は大変ですが、それに見合った年収を貰えている。

昔から比べると、「日本人女性が仕事をしてお金を稼ぐ」という事が社会的に確立しつつあるように見えますが、現状では男女間でかなり大きな開きがあります。

 

看護師の資格を所有していても、看護師として働かなければ資格からくる恩恵は一切ありません。

看護師の資格を所有しているにも関わらず、看護師として働かないのは非常に勿体ない事をしています。

 

ちなみに、看護師の仕事は、病院で働く事だけではないので、すぐに看護師を辞める選択をとるのではなく、まずは看護師として働く事を念頭に置いて転職を考える事をおすすめします。

日本人女性の平均年収がどれくらいかを知って、それでも看護師を辞めたいと思うかを自問自答してみて下さい。

絶対に、看護師とは無関係かつ、未経験の他業種への転職はおすすめできません。