看護師 辞めたい

面倒な人に振り回されたくない看護師の為の心理学ブログ

看護師の平均勤続年数について。3年以内に辞めるのはまずい?

f:id:physicalT:20170930174841j:plain

看護師の平均金属年数は「6年」となっています。

地域別で多少の違いはありますが、長く見積もっても8年程度と考えられます。

 

一つの病院で、定年まで働いている人は少なく、離職率が比較的高い仕事だと言えます。

年収・給料は決して低くなく、有資格者職特有の転職に伴う年収低下はあまりありません。

むしろ、上手に転職活動を進めれば、転職によって年収アップが見込めます。

看護師の平均勤続年数について

勤続年数が6年となっていますが、その後は、再就職を果たさずに、そのまま離職してしまう人の数も多いとされています。

この理由として考えられるのは、

  1. 肉体的な負担
  2. 患者の生命に関わっているという精神的な重圧
  3. 看護師特有の人間関係トラブル

といったものが挙げらます。

 

看護師になるまでの苦労が水の泡

看護師になるには、看護師免許、准看護師免許のいずれかの資格を取得しなければなりません。

看護師として働き出すまでの代表的な流れとしては、

看護師免許の場合だと、看護学校などの教育機関で3年以上の履修、もしくは看護大学での4年間課程を修了し、その後看護師の国家試験に合格し、就職するというものです。

准看護師の場合は、准看護師養成学校、または高校の衛生看護科において、カリキュラムに沿った看護の学習を行い、自治体で行われる准看護師試験に合格する必要があり、その後に就職となります。

いずれにせよ、簡単に看護師になれるわけではなく、看護師として働き出すまでに、それなりの「時間」と「お金」を使ってきているわけです。

働きはじめてすぐに看護師を辞めたり、そもそも看護師として働かないとなると、それまでに費やした時間やお金は無駄になってしまうわけです。

 

多くの看護師が辞めたと考えながらも、平均勤続年数は6年。

それぞれの状況によって、辞めるべき・辞めないべきは変わってはきますが、

今、「看護師を辞めよう」と考えている若手看護師は、以下の二つの事を知っておく必要があります。

  1. 多くの看護師が「看護師を辞めたい」と思っていて、あなただけが悩んでいるわけではない。
  2. 「看護師を辞める・辞めない」で悩む人がもっとも多いのが、新人〜2年目となっている。
  3. 多くの看護師が、辞めたいと思いながらも、何とか仕事を継続(平均勤続年数6年)できている。

 

看護師は辛い仕事で、責任も重く、楽な仕事ではないのは間違いありません。しかし、看護師という仕事は、社会的も優遇され良い面も非常に多い仕事です。

kangoooo.hatenablog.jp

 

 

多くの看護師が、「看護師を辞めようか・辞めないでおこうか」という悩みを抱えながらも、今の仕事を継続しています。

6年とまではいかないまでも、新人時代ですぐに答えを出して、看護師の仕事を辞めるのは惜しいと思いませんか。

 

精神を病むほど悩んでいる場合は別ですが、まずは新人時代を何とか乗り越えてみる事を目標に頑張ってみる事をおすすめします。

もし、今の職場がどうしても辛いなら、職場を変えてみるのも一つの方法です。